流さないトリートメントの使い分け知ってます?

流さないトリートメントは何を使っていますか?

美容室やドラックストアーなどで山のようにあるトリートメント。

皆様はどのように使い分けをしていますか?

今回は流さないトリートメントの種類と使いかたをご紹介いたします。

なぜ流さないトリートメントが必要なのか?

 

・シャンプー後の流すタイプのトリートメントをしても乾くと乾燥をしてしまう。

・手軽に毛先をまとまりがあるスタイルにしたい。

・髪にツヤ感をしっかりと出したい。

 

など、流すタイプのトリートメントで補えないところを流さないトリートメントで補っていきます。

そして基本的には流すタイプのトリートメントをご自身の髪質に合っている物を使用することが大切になります。

 

トリートメントのつけ方

 

3種類とも基本的には同じ付け方で大丈夫です。

髪の毛の中間から毛先につけてあげます。

その時に髪の表面だけではなく内側や中側にもつけて上げることが重要です。

根元付近は手に余っているトリートメントをつけてあげるだけで十分です。

できれば目の荒いクシで優しくとかしてあげると髪の毛全体になじみやすくなります。

終わりましたらそのままドライヤーで乾かして行きましょう。

 

トリートメントの種類

 

大きく分けると、、、

ミスト系

クリーム系

オイル系

 

だいたいこの3種類になります。

同じトリートメントでも形状や効果の違いがあります。

 

ミスト系

 

スプレー式のものが多いです。

これは主に水分補給がメインになります。

アミノ酸等が多く含まれているものが多く髪の毛が水分を吸収する性質を利用して中に入れていくものです。

 乾燥しやすい髪質の方、毛先のハネがきになる方にオススメです!!

 

クリーム系

 

こちらは水分補給、油分補給ができるタイプになります。

水分と油分が適度に混ざっているので2つ同時に浸透していきます。

乾燥気味な方や油分不足でおさまりがよくない方いに良いです。

程度な重みを作ってあげて、髪のまとまりを出してくれます

 

 

オイル系

 

一般的なものだと髪のコーティングが主な目的になりま。

髪の表面に擬似的なキューティクルを作ったり、髪の表面に膜を作って保護をする役割があります。

表面を守るので手触りを良くしたり、内部の水分や油分の流失を防いだりしてくれます。

指通りが悪かったり、毛先の乾燥がきになる時に効果的です!

 

※オイル使用の注意点

オイルの種類によってはドライヤーの熱によりかえって乾燥を引き起こす場合がありますのでご注意ください。

美容室の場合は美容師さんに確認を。

市販品の場合は裏面の表示をご確認ください。

市販品をご使用で心配なかたは髪が乾いてからつけてあげると良いです。

 

 

 

まとめ

 

乾燥しやすい髪質の方、毛先のハネがきになる方はミスト系

乾燥しやすい髪質の方、毛先のハネがきになる、ツヤが欲しい方はクリーム系

乾燥しやすい髪質の方、指通りを改善したい方は、オイル系

 

になります。

2種類使っている方はオイルを最後に使うとよいです。

 

ただ今回は一般的な役割を書いたのですが、最近だとクリームでもコーティング効果があったり、オイルでも中に浸透しやすいタイプがありますので、美容室で販売されているものに関しては、担当美容師さんに相談してみるといいですね。

 

 

ご自宅でもヘアケアーをしてツヤ髪を手に入れましょう。

 

 

MILKについて

◆営業時間

平日10:00~22:00 日曜・祝日10:00~18:00

◆ご予約・お問合せ

電話: 025-378-3449
WEB予約はこちら

◆ホームページ

◆メニュー・料金
◆お客様の声
◆スタッフ紹介
◆施術の流れ
◆アクセス

◆SNS

◆インスタグラム
◆Facebook
友だち追加

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL