フケには2種類あることをあなたは知っていますか?

今回は、頭皮のフケについてお伝えしていきます。

あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?

 

 

・毎日、シャンプーをしているのにフケが出てしまう……

・季節によってフケが出てくる……

・今のシャンプーが自分の頭皮にあっているかわからない……

 

 

などなど、フケと聞くと汚い、不潔というイメージをお持ちかもしれませんがそうとも限りません。

また、フケの悩みについてなかなか相談ができない、、、

担当の美容師さんに聞きたいけど聞きづらい、、、

という方は多いかと思います。

 

頭皮から出る2種類のフケ

フケの原因は大きく分けて2種類あります。

1.乾きが原因の「乾性フケ」

肌荒れ、乾燥によることが原因。

乾性フケはサラサラ、パラパラした小さいフケが出やすいです。

乾燥により、水分や皮脂が少ないため肌の表面の角質細胞のくっつく力が弱いためです。

 

2.脂が原因の「脂性フケ」

皮脂量の増加、オイリー肌によるものが原因。

脂性フケは皮脂量や水分が多いため肌の表面の角質細胞のくっつく力が強く比較的大きな湿ったフケが出ることが多いです。

以上、2種類のフケになります。

次は、乾性フケか脂性フケかの見分け方をみていきましょう!

 

乾性フケか脂性フケかの見分け方

おうちで、ご自身で判断する場合お顔の皮脂量が参考になります。

おでこのお肌の状態を見てみて、カサカサする乾燥肌なら乾性フケです。

そして、脂っぽいオイリー肌なら脂性フケに分けることができます。

 

 

ただ、お顔には症状が出ておらず頭皮だけに症状が出ている場合があります。

分からない場合は、美容院で見てもらうことをオススメします。

シャンプーも、フケを見分ける参考になります。

シャンプーのやり方や頻度は、頭皮に多大な影響を与えます。

 

 

頻度が多すぎる場合や、頭皮をこすりすぎたり、洗浄力の強すぎるシャンプーは乾性フケの原因になります。

また、反対に頻度が少なすぎたり、うまく洗えてない場合は、脂性フケの原因になります。

シャンプーの頻度は個人の体質により最適な回数が異なります。

同じく、最適なシャンプーの成分も異なります。

ご自身で判断するのは難しいので是非一度、美容室でご相談してみてくださいね。

 

まとめ

「洗えてないからフケが出る」「不潔なのかな?」と思いがちですがそうとも限りません(^^)

ご自身の頭皮の状態をわかって合うシャンプーや、シャンプーのやり方を見つけましょう。

そうしたら、頭皮の環境はどんどん良くなっていきますよ。

 

 

サロンケアではヘッドスパをオススメしています。

一人一人の状態に合わせた施術をしていきますので状態の改善もしやすいです。

『美髪は頭皮から』

あなたも美髪になるために頭皮ケア始めてみませんか?

 

 

MILKについて

◆営業時間

平日10:00~22:00 日曜・祝日10:00~18:00

◆ご予約・お問合せ

電話: 025-378-3449
WEB予約はこちら

◆ホームページ

◆メニュー・料金
◆お客様の声
◆スタッフ紹介
◆施術の流れ
◆アクセス

◆SNS

◆インスタグラム
◆Facebook
友だち追加

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL